医果同源とは

城田博士からのメッセージ

Message from Dr. Shirota

医果同源を開発して

高齢化にともなって、私たちの免疫力は低下します。免疫力が低下すると風邪をはじめ癌にいたるまで、様々な病気にかかりやすくなります。国立がん研究センターの最新がん統計によると、現在の日本では、約87万人が新たに癌だと診断され、約37万人が癌で亡くなります。80歳までに癌になる確率は男性で2人に1人、女性で3人に1人です。癌は特殊な病気ではなく、誰でもがかかる生活習慣病の一つだと考えられています。

癌の治療法として、最も広く用いられているものとして、外科手術、放射線療法、抗癌剤を用いた化学療法があります。一方、最近、「第4の癌治療法」として免疫療法が注目を浴びつつあります。近年、行われつつある免疫療法の一つが、生体応答調節剤(Biological Response Modifiers : BRM)療法です。

 私たちは、りんご果実をそのままジュースにしたものに、中国や日本の冬虫夏草を上回る免疫賦活効果があることを動物実験で明らかにしました。続いて、りんごの未熟果実と成熟果実の混合ジュースを、毎日服用することで、ヒトのNK(ナチュラルキラー)活性が10%以上高まることが明らかになりました。さらに、飲用後5週間で血糖値が下がることも判明しました。これらの結果は2004年、日本癌学会学術総会で発表しました。

この研究成果をふまえて、未熟果実入りりんごジュース「医果同源」を開発しました。2005年には4月1日付で、「リンゴやナシの、成熟果実と未熟果実の両方用いることで得られる免疫賦活剤」の特許が日本特許庁により確定され、特許原簿に登録されました(特許第3662248号 詳しくは こちら へ)。また2009年、中国特許庁より「免疫賦活剤」に加え「健康飲料や健康食品」の特許も取得しました(特許第1646148号)。「医果同源」も商標として日本と中国の特許庁に登録されました。 2014年1月には、血糖値を下げる「健康飲食物及び薬剤」として、日本特許庁より特許を取得しました(特許第5450952号)。

2004年から現在に至るまでの研究結果は、「りんごの抗腫瘍効果」と題して14報、日本癌学会学術総会で発表してきました。

城田 安幸

株式会社 医果同源りんご機能研究所 所長
弘前大学 農学生命科学部 元准教授 農学博士

城田安幸 略歴

Profile

弘前大学農学生命科学部元准教授。農学博士。専門は「進化生物学」。 従来の学者の枠内にとどまることを嫌い、さまざまな分野で活躍する。日本各地に見られる「目玉風船」の発明者。日本テレビ35周年記念番組「花咲く地球の一億年物語」の監修をはじめ、160本以上のテレビ番組を制作し、自らも出演する。1996年度「日本賞」教育番組国際コンクールで「放送文化基金賞」を受賞したNHK教育テレビ「なんでもQ、むしむしQ、あにまるQ、むしまるQ」の監修、構成も行なった。
20数年前からりんごの機能性に着目し、研究を続ける。2002年5月、「りんごに抗癌効果がある」ことを発表。2004年8月、クロロゲン酸などポリフェノールを多く含んだ未熟果実を混ぜたリンゴジュース「医果同源」を開発した。日本癌学会での「リンゴの抗腫瘍効果」についての発表は15年にわたる。2014年11月、農場が有機JAS認証を取得する。日本応用動物昆虫学会大会での「無農薬りんご園の害虫管理」の発表も12年目を迎えた。
現在、(株)医果同源りんご機能研究所 所長


未熟りんごとは

Immature Apples

小さなりんごの大きな力

若くて青い熟す前の小さいりんごで、7月下旬に収穫します。「早摘みりんご」「りんご未熟果」とも呼ばれています。直径はわずか3cm、完熟りんごの3分の1。その小さな未熟りんごには、紫外線や虫などの過酷な自然から実を守るために、ポリフェノールが豊富に含まれています。通常のりんご栽培では、葉の開く4月下旬頃から定期的に薬剤散布を行うため、摘果(果実を大きくするための間引)が始まる5月下旬から7月上旬にかけて収穫した場合は、食品衛生法で定められている残留農薬基準値を超える可能性があります。りんごの様々な可能性を探るため、有機JAS認証を取得したシロタ博士のりんご園では、農薬・化学肥料を一切使わず育てています。



実を守る天然成分、りんごポリフェノールのクロロゲン酸に注目!

りんごポリフェノールは、紫外線や虫などの過酷な自然から実を守るために、果実や果皮に蓄える成分。 実を守ることで、中にある種子が成長していくのを助けます。種子が成長する若い時期こそ実を守ることが必要なため、 未熟りんごにはポリフェノールが高濃度に凝縮されています。 その濃度は成熟果の5〜10倍。熟す前に収穫した「未熟りんご」には、実を守り、みずみずしさを保つポリフェノール、特にクロロゲン酸がたっぷり含まれています。この未熟りんごと成熟りんごを混ぜることで健康に役立てるため弘前大学農学生命科学部で研究開発されたのが、りんごジュース医果同源です。「1日1本のりんご習慣」を続けるために、「定期お届けコース」も生まれました。未熟りんごの力、小さなりんごの大きな力で、元気な毎日をお過ごしください。


Organic certificaton

有機JAS認証について

青森県南津軽郡大鰐町の標高400メートルの山に囲まれた自然豊かな場所に、農場はあります。 「医果同源アップルバレー」、広さは18ヘクタール。東京ドーム約4個分の広大な農場です。 2011年から、農薬・化学肥料を一切使用せず、りんごやその他の作物を栽培してきました。2014年11月には、「有機JAS認証」を 取得し、農作物の栽培と研究を続けています。
有機JAS認定は単純に農薬や化学肥料を使わずに栽培をしているだけでは取得できません。JAS法に基づき「有機JAS規格」の検査認証を受け、JAS法に定められた厳しい基準に沿った栽培方法をとったものに限り有機JAS認定されます。例えば、禁止された化学肥料や農薬は使用しない、遺伝子組み換え作物の混入リスクが無い、などです。認定された後も国に登録された登録認定機関により毎年、農場の実地検査で有機JAS認証の条件を満たしているか、生産工程の管理記録があるかなどの確認があります。 これらの厳しい基準をクリアした農場でりんごを栽培しています。


研究について

About Our Researches
熟す前のりんご「未熟りんご」にある多くの機能性に城田博士は着目し、研究を続けています。ここでは、代表的な2つの特許について説明します。

リンゴやナシの成熟果実と未熟果実を両方用いることで得られる免疫賦活剤が平成17年4月1日に特許を取得しました。



特許広報 (PDF)

人間や動物の体には病原微生物から体を守る免疫機構が備わっています。免疫力が高いとナチュラルキラー(NK)細胞やマクロファージの働きなどで体内の癌細胞は排除されますが、老化やストレスの蓄積で免疫力が下がると癌細胞は増えていきます。この発明は、リンゴ属の果実のより高い免疫賦活効果を、様々な動物実験をはじめ、人を対象とした研究を行うことで明らかにしたものです。

リンゴ属の果実を日常的に摂取することで、本来備わったNK細胞やマクロファージ等の自然免疫力やリンパ球の活性が高まり、既に発癌した細胞が制御されるだけではなく、未だ発癌していない細胞の癌化をも予防することが明らかになりました。更に、成熟リンゴに未熟果実を混ぜた場合は、より高い抗腫瘍効果や免疫賦活効果が得られることがわかりました。

  • 免疫賦活効果
  • NK活性値
  • 未熟果実ジュース
  • 抗腫瘍効果
  • ポリフェノール
  • 癌化の予防

リンゴやナシの成熟果実と未熟果実を両方用いることで得られる血糖値を下げる健康飲食物及び薬剤が平成26年1月10日に特許を取得しました。



特許広報 (PDF)

糖尿病には、食事など環境の変化が大きく関わっていると考えられており、特に、肥満、過食、運動不足、ストレスの蓄積、高カロリーの飲食物を日常的に摂取する現代社会では、糖尿病の予防方法を確立することが求められています。この発明は、リンゴ属の成熟果実及び未熟果実を材料とした血糖値を下げるための健康食品や飲料などの健康飲食物及び薬剤を、人を対象にした研究や様々な動物実験を行うことで明らかにしたものです。

リンゴ属の成熟果実及び未熟果実の両方を日常的に摂取することで、血糖値を下げるだけではなく、糖尿病の発生を防ぐことが可能であることがわかりました。 更に、成熟リンゴに未熟果実を混ぜた場合、成熟リンゴだけの場合に比べ血糖値を下げる効果がより高いことがわかりました。

  • 糖尿病の予防
  • 血糖値
  • ポリフェノール
  • リンゴジュース

主要著書・訳書

Books Translations
主な著書を紹介します。

報道資料・記事

Articles

2008.11.13 公開シンポジウム

がん研究を始めた理由

企画編集:甲南女子大学 国際子ども学研究センター
社会的にも重要なテーマになっている「人の命の大切さ」の問題に真っ向から踏み込んだシンポジウムとなった。

PDF

日本醸造協会誌 第107巻 第9号

「医果同源アップルブリュー」と「津軽百年しあわせりんごのお麦酒(さけ)」

夜があけ始めるころ結論が出た。がん細胞を最初に攻撃する免疫細胞はナチュラルキラーだ。ナチュラルキラー細胞は、僕の考えた「未熟果実入りのりんごジュース」で10数パーセント活性化される。抗がん剤と異なり副作用もない。「医果同源で酒を造ろう!」。あとは僕の仕事だ。

PDF

毎日新聞 2009.5.23

未熟リンゴにクロロゲン酸

無農薬の未熟果実に、糖尿病への効果が期待されるポリフェノールの一種「クロロゲン酸」が多く含まれていることが、弘前大学農学生命科学部の城田安幸准教授の研究で分かった。

PDF

月間弘前 2016.8 第445号

10年、100年先を見据えて

城田安幸(農学博士)・あい子ご夫婦の信念と情熱がそこにはあった。そして、製品一つ一つの陰には物語があった。認識を新たにして紹介したい。

PDF

毎日新聞 2012.5.31

津軽百年しあわせりんごのお麦酒を開発

りんごの搾りかすに多く含まれる成分ペクチンと、無農薬の未熟リンゴを使った新発泡酒「津軽百年しあわせりんごのお麦酒」を弘前大学農学生命科学部の城田安幸准教授が開発した。

PDF

陸奥新報 2009.6.9

リンゴ発泡酒で健康に

弘前大学農学生命科学部の城田安幸准教授と弘前大学生協は、がん予防効果などが期待されるポリフェノールが多く含まれる未熟果実入りリンゴジュース「医果同源」を40%使用した発泡酒「医果同源アップル・ブリュー」を共同開発した。

PDF

陸奥新報 2012.5.27

りんご発泡酒 甘さ生かし飲みやすく

弘前大学城田安幸准教授が、弘前大学生協と共同でリンゴの発泡酒「津軽百年しあわせりんごのお麦酒」を開発した。

PDF

陸奥新報 2012.7.16

放任リンゴ園活用提案

放任園を未熟果栽培に転用し、未熟果を使ったジュースの増産に道が開けると提案した。

PDF

日本農業新聞 2008.2.14

未熟果入りリンゴジュース 血糖値下げる働き

リンゴの未熟果の果汁を混ぜたリンゴジュースを飲み続けると、血糖値を下げる効果が期待できることを、弘前大学農学生命科学部の城田安幸准教授が明らかにした。

PDF

東奥日報 2008.3.13

未熟果実 効能に期待

未熟果実入りリンゴジュースを五週間続けて飲むことで、ヒトのがん細胞を最初に攻撃するナチュラルキラー細胞が10%以上活性化されることが、三十人以上を対象とした研究から明らかになり、日本特許庁から、「免疫賦活剤」としての特許を取得した。

PDF

東奥日報 2011.3.20

「百年のど飴」共同で商品化

弘前市が舞台の映画「津軽百年食堂」にちなみ、弘前大学農学生命科学部の城田安幸准教授が青森市で創業150年以上の歴史を持つ武内製飴所と共同で「津軽百年のど飴」を商品化した。

PDF

陸奥新報 2011.9.17

「医果同源」に新成分

リンゴジュース「医果同源」に、りんごペクチンを加えた「医果同源プラス」を新たに開発した。

PDF

東奥日報 2012.5.26

リンゴペクチン入り 新たな発泡酒開発

医果同源にリンゴペクチンを加えた「医果同源プラス」を原料にした発泡酒を開発した。アルコール度数は3%に抑えた。

PDF

東奥日報 2012.7.16

りんご害虫 無農薬で抑制

農薬を散布しないリンゴ園でモモシンクイガなどの害虫の発生を抑制する研究成果を公表した。成熟前の未熟状態でりんごを収穫することなどにより、害虫の繁殖を防いだ結果、発生数は数年で激減した。

PDF

読売新聞 2009.2.21

弘前の宝 未熟リンゴのジュース

美味しいジュースの発掘に余念のない私が、もし「最高の1本を」と言われたら、弘前大学農学生命科学部の准教授である、城田安幸先生が開発した「医果同源」というりんごジュースをお勧めしたいと思っているのです。

PDF

夕刊 読売新聞 2009.6.10

未熟ですが大人の味

青森県産の未熟リンゴを使った発泡酒「医果同源アップルブリュー」が誕生した。弘前大学准教授の城田安幸さんと同大生協が共同開発したもので、リンゴの香りがほのかに漂い、すっきりした飲み口が特徴。

PDF

読売新聞 2013.3.5

弘大・城田准教授 最終講義

最終講義のテーマは「ダーウィンを超えて-寛大で豊かな『敗北者』たち」。学生時代の恩師から、一生の宿題として「ダーウィンを超えなさい」と言われたエピソードなどを披露。

PDF

陸奥新報 2011.3.11

「津軽百年のど飴」で挑む

津軽飴本舗・竹内製飴所とのコラボレーションで、糖尿病などへの効果が期待されるポリフェノールの一種・クロロゲン酸が多く含まれる未熟果実入りリンゴジュースを原材料にした飴「津軽百年のど飴」を開発。

PDF

主な出演番組

Appearances on television
2017年 5月 テレビ朝鮮
「肥満、その原因と解決は?」りんごが肥満解消に役立つ理由と未熟りんごの研究について解説。
2014年 4月 9日
2014年 4月 17日
日本放送協会 ハイビジョンスペシャル「ふしぎなふしぎな森の物語」
監修および出演
BSプレミアム 『プレミアムアーカイブス』枠
2013年 4月 24日
2013年 5月 2日
日本放送協会 ハイビジョンスペシャル「ふしぎなふしぎな森の物語」
監修および出演
BSプレミアム 『プレミアムアーカイブス』枠
2010年 6月 3,4日 BSフジ・青森テレビ 「青い森の国から」
医果同源開発者として出演。東京の RISTORANTE IL BAMBINACCIO 福田憲一料理長が、医果同源を使って体にやさしいリゾットを作りました。
6月3日(木) ATV青森テレビ 19:54〜
6月5日(土) BSフジ 21:54〜
2009年 11月 27日
11:55~
日本テレビ系列 「おもいッきりDON!」
スタジオ生出演。テーマは 「どっちがエライ?冬のフルーツ リンゴ VS ミカン」。対決は「リンゴとミカンどちらもエライ!」と、まるく納まりました。
2009年 8月 24日
フジテレビ系列 「とくダネ!」
「ニュースの賢者たち」のコーナーに出演。テーマは「なぜ人は付録に惹かれるのか?」。
2009年 8月 20日
18:10~
(東北6県)NHKニュース
「報道室だより」のコーナー、医果同源アップルブリューが 特集で報道。
2009年 5月 25日
9:15~
フジテレビ系列「とくダネ!」
「ニュースの賢者たち」のコーナーに出演。
2009年 1月 28日
19:00~
日本テレビ系列 「1億人の大質問!? 笑ってこらえて!」
「日本列島 農学部の旅」シリーズ、弘前大学訪問編。「リンゴジュース」の研究者として紹介され出演。
2009年 6月 15日 日本テレビ 「おもいっきりDon」
「医果同源アップルブリュー」「Donだけ美味しいの!? ヨネスケ・ギャル曽根 新宿高島屋『大学は美味しい!! 隠れた名産品が続々!』」のコーナーに生出演。
2009年 6月 15日 日本テレビ 「スッキリ」
「アップルブリュー りんごから作った、ポリフェノールが豊富に含まれているビール」「『大学は美味しい!!』フェア」のコーナーにビデオ出演。
2007年 11月 9日 日本テレビ 「おもいッきりイイテレビ」
「旬のリンゴの健康パワーを最大限に生かす食べ方!」「エ〜!!本当ですか先生?」のコーナーにゲストとしてスタジオ生出演。
2004年 11月 26日 日本テレビ 「みのもんたのおもいッきりテレビ」
「りんごの健康効果を最大限に生かす食べ方」コメンテーターとしてスタジオ生出演。
2002年 5月 23日 青森朝日放送 「スーパーJ チャンネル」
「りんごジュースの抗癌効果」
2002年 5月 23日 青森テレビ 「ニュースワイド」
「りんごジュースに抗癌効果」
2002年 5月 23日 青森放送 「ニュースレーダ」
「りんごジュースの抗癌の効果」
2002年 5月 23日 NHK青森 「ニュースTODAY」
「りんごジュースに抗癌効果」
2001年 10月 30日 テレビ朝日 「ビートたけしのTVタックル」特別編 びっくり開発者列伝
「新日本の景気を考える」のコーナーに出演。
1999年 8月 27日 日本放送協会 ハイビジョンスペシャル「ふしぎなふしぎな森の物語」
監修および出演。
1996年-1997年 日本放送協会 「あにまるQ」
15分番組15本の構成、監修。 第23回「日本賞」教育番組国際コンクールで「放送文化基金賞」を受賞。
1995年-1996年 日本放送協会 「むしむしQ」
15分番組15本の構成、監修。 平成7年度中央児童福祉審議会特別推薦文化財に認定。
1994年 4月 17日 中京テレビ 対談21世紀 人類の進化シリーズ3
「ウイリアム・ハミルトン VS 城田安幸」
1994年 4月 10日 中京テレビ 対談21世紀 人類の進化シリーズ2
「城田安幸 VS リチャード・ドーキンス」
1994年 4月 3日 中京テレビ 対談21世紀 人類の進化シリーズ1
「城田安幸 VS ドーガル・ディクソン」
1988年 6月 25日 日本テレビ 35周年記念特別番組
日本生命100周年記念番組「花咲く地球の一億年物語」監修および出演。
1987年 5月 19日 日本テレビ 「イレブンPM」
藤本義一 義一チング「こだわりつづける目玉模様」
1985年 2月 25日 NHK 日本放送協会
ウルトラアイ 「ハトもドッキリ目玉模様」
1982年 7月 19日 NHK 日本放送協会
ウルトラアイ 「虫の防衛作戦」
1981年 9月 22日 NHK 日本放送協会 教育テレビ
ジュニア文化シリーズ自然の謎 「だましだまされ-目玉模様で敵をあざむく」